インド音楽トピックス

2015年のインド産インディーミュージックを振り返る、おすすめ15曲

2015年も間もなく終わり。インドで今年にリリースされたインディーミュージックの中で、話題になった15曲を紹介します。 ■アーティスト:Robot Koch feat. Curtain Blue ■曲:Let Me デリーで活動する気鋭のエレクトロニックミュージシャンCurtain Blueと、ドイツのアーティストRobot Kochによるコラボ曲。協業のきっかけは、2014年にラジャスターン州で開かれた人気野外フェスMagnetic Fields Festivalで意気投合したことだという。 ・Band ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インドで話題のヒップホップアーティストにインタビュー

ちょっと前にNaezy(ネイジー)というラッパーに関する記事を書いた。ネイジーはムンバイ郊外のスラム出身で、YouTubeにアップした自作のミュージックビデオをきっかけにシーンで知られるようになったという青年。 本当はインタビュー記事にしたかったんだけれども、Facebookから出した依頼メールに返事がなかったので、とりあえず彼に関する情報をネットで集めて記事にした。反応も結構良かった。 ・インドでヒップホップスターになったスラム街の青年 地元の不良として警察の世話になったこともあるが、過ちに気づいて最終 ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#045:TankBund

TankBundは、デリーを拠点とするエレクトロニックミュージックのグループ。イギリスのZero 7を連想させるようなダウンビートでチルアウトな曲調。キーボードや電子音が絡みあったおしゃれなサウンドになっています。 デリーの同じカレッジに通うメンバー同士で2011年に結成。女性ボーカルのRitwik Deが「ギターを使わずに新しいサウンドを追求したかった」と話す通り、キーボードを中心としたアンビエント風のエレクトロニカになっています。 2013年6月に15曲入りのデビューアルバム「Tankbund」をリリ ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インドにもポップスはある、日本の人気アイドルの曲も手がけたインド人アーティストの物語

今回はインドで大々的にヒットした数々のポップスを手がけたほか、自身のソロプロジェクトによる曲も世界的に売れたインド人アーティストを紹介。 Biddu(ビドゥ)という名前のこのミュージシャン。日本ではあまり耳慣れない名前だが、実は1960年代に日本の大物アーティストの曲をプロデュースし、80年代には某人気アイドルのヒット曲も作曲している。 そんな彼にまつわるストーリーをまとめてみました。 ■日本でのヒットをきっかけにキャリア拓ける ベンガルール出身のビドゥは、イギリスで歌手として成功する夢を叶えるために、2 ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

IITやマッキンゼーからアーティストに転身したヒンディー語ロックバンド

デリーの高級ショッピングモールでのこと。買い物を終えてモールの中から外の広場に出ると、学校の校庭ほどはある広さのスペースが人で埋め尽くされていた。大勢いの観客たちと強烈な照明を前に、ロックバンドが演奏している。ヒンディー語らしき歌詞なので、インドのバンドなのだと思った。 「ボリウッド音楽でもないのに、こんなに客を集められるロックバンドがいるのか」と意外な感じがした。インドでロックといえばニッチなジャンル。「分かる人だけ分かればいい」といった風情で、小さなライブハウスで演奏する光景をみかけることも多い。 け ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#044:Alo Wala

Alo Walaは、米シカゴ出身のパンジャビ系インド人ラッパー。インドの伝統楽器も織り交ぜながら、ダンスミュージックやヒップホップ、レゲエといったジャンルを組み合わせた楽曲。音楽カルチャーメディア “Thump”は、「世界のベース・ミュージック・シーンにおける新たなスター」と評している。 本名はShivani Ahlowalia。“Alo Wala”とは、ベンガル語とヒンディー語を合わせた言葉で”Person of the light”の意味だという。2014年11月にデビューEP “Cityboy”をポ ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インドのレゲエシーンを率いるThe Ska Vengersが語る、現地シーンの今、来日記念インタビュー

インドの音楽シーンの中で、新作リリースが音楽メディアだけでなく一般紙にも取り上げられるほど人気が高いアーティストは限られる。 さらにインド国外(主にイギリス)の大手メディアでも紹介されるレベルとなると数えるほどだ。インディーシーンで絶大な人気を誇るデリーのスカバンド、The Ska Vengersは明らかにそのうちの一つ。 彼らの人気ぶりを目の当たりにしたことがある。デリーの主要なクラブの一つ、blueFROGで音楽フェスが開かれたときのこと。昼間から深夜にかけてインディーアーティストたちが出演するこのイ ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インド音楽シーンの新作ガイド、直近のアルバム・EPリリースまとめ

インド人アーティストたちによる新作紹介ということで、直近数ヶ月の作品をピックアップ。クールなレゲエ、ダンスミュージックから、情緒溢れるポップソングやオルタナロックまでカバーしました。 ■Bass Foundation Roots 今やインドのシーンを代表するミュージシャンとなったレゲエアーティストDelhi SultanateによるソロプロジェクトBass Foundation Roots。ボブ・マーリーの息子ジュリアン・マーリーと共演するなど活躍の場を広げている彼だが、Bass Foundation R ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インドで楽しむ、山奥での野外音楽フェス、出演アーティストが語る現地の熱気

今のインドで、フジロックのような野外音楽フェスが大ブームになっていること、実際にインドに住んでみるまで知らなかった。 というより、そもそもボリウッドソングの国だと思っていたインドで、ロックやエレクトロといった類の音楽がこんなに盛り上がっていること自体、想像していなかった。 今のインドでは、ダンスミュージックやオルタナミュージックをはじめ、大小様々なフェスが毎年のように現れては消えていく。ブームでニーズはあるから立ち上げたものの金銭的に続かない、というケースが多いらしい。 そんな風に乱立する野外音楽フェスの ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#043:Nucleya

Nucleyaは、デリーを拠点に活動するエレクトロニックミュージックのプロデューサーUdyan Sagarによるソロプロジェクト。激しいベースラインやダブステップ、古いボリウッドソングや民謡のサンプリングといったサウンドで知られる。 2012年にデビッド・ゲッタによるインド公演のオープニングアクトを務めたほか、2013年にリリースした曲「Akkad Bakkad」が、クラブアンセムとして大ヒットしたことで、一躍知名度を上げた。 ダンスミュージックとの出会いは、高校時代に友人に勧められて聴いたケミカル・ブラ ...
Continue Reading »