インド音楽トピックス

インド音楽シーンの新作ラッシュがアツい!おすすめ作品をリストアップ

インド音楽シーンの最近の新作をご紹介(一部お隣のパキスタンあり)。 この国のアーティストの楽曲は日々がんばって探しているんですが、掘っても掘っても知らないアーティストがどんどん出てくるんですよね。 もちろん日本や欧米に比べればアーティストの層は薄いんでしょうけど、思ったよりは厚そうだぞ、というのが最近の印象。 新作リリースの数も結構なもの。一つ一つ丁寧に紹介しきれないので、ここで一挙にリストアップしたいと思います。ロックやエレクトロニカ、フォーク、ダンスミュージックまで、有名どころを幅広くのせました。 ぜ ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#040:Joshi

Rishabh Joshiは、ゴア出身のEDMプロデューサー。メロディック・プログレッシブトランスやハウスなどを手掛ける。若干23歳だが、これまでにTiestoやAbove & Beyondといった世界の一流アーティストたちからの賞賛を受けており、過去数年でインド国外のシーンでの知名度が急速に上がっている。 イギリスのロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学していたが、現在は学業を一時休止して、音楽活動に専念。欧米のシーンで名を挙げている数少ないインド人アーティストの一人。 イギリスのトラン ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インドにもロックはある、インフォグラフィックでその歴史を辿ってみた(中編)

インフォグラフィックを使って、インドのロックの歴史を辿る記事の第2弾。80年代までを追った前編に続いて、今回は90年代編です。 その前に軽く前回までのおさらいを。 世界を席巻したビートルズ人気をきっかけとして、インドにも1960年代前半にロックが伝わってきます。欧米のバンドに触発される形で、数多くのインド人バンドがムンバイやコルカタ、ベンガルール、デリーといった大都市を中心に、同時多発的に登場。富裕層を中心とした若いファンたちは、マッシュルームカットにベルボトムといった欧米風のファッションで、夜な夜なライ ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#039:Tarana Marwah

Tarana Marwahは、デリー出身のシンガーソングライター兼キーボーディスト。自身が作るエレクトロニカについて、日本のアニメや音楽による影響を公言している。2015年2月にデビューEP ”Komorebi”をリリース。この作品をきっかけに数多くの音楽メディアで注目のアーティストとして取り上げられたことで、シーンでの知名度が急速に高まっている。 現在21歳の彼女がアニメにハマったきっかけは、小さい頃に兄弟と一緒に観たテレビアニメ「犬夜叉」だという。「アニメで流れていたサウンドトラックに感動した。自分で ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#038:FuzZy Logic

Fuzzy Logic名義で活動するArfaaz Kagalwalaは、ムンバイを拠点に活動する音楽プロデューサー。インドのインディー音楽シーンの中で、人気エレクトロニックアーティストとしての地位を確立しているだけでなく、CMソングの作曲など商業面でも成功を収めている。 ベンガルール出身でドラムを独学で学んだ彼は、これまでに様々なジャンルのバンドを経験してきた。 初めて結成したバンドは、1999年にベンガルールの大学在学中に同級生と結成したZebediah Plush。当時のベンガルールのバンドの中ではメ ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インドにもロックはある、インフォグラフィックでその歴史を辿ってみた(前編)

インドのロックの歴史について語ります、と言うと「インドにロックなんてあるの?」という疑問が返ってきそうですが、インドにもロックはあります。 それもビートルズ人気をきっかけにインドにロックが伝わった1960年代から、現在まで脈々と(低空飛行で)続く歴史があるのです。 ロックといえば邦楽か洋楽という区分けが当たり前なジャンルなだけに、インドというその区分けから外れた場所でどのように発展していったのか個人的にはとても興味があります。 インドのロックの歴史を辿るには、どの年代にどんなバンドが活動していて、どれくら ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#037:Voctronica

Voctronicaは、ムンバイを拠点に活動する6人組ビートボックス・アカペラグループ。この種のジャンルのグループとしてはインド初だという。まだアカペラに対して馴染みの薄いインドにおいて、声だけで様々なジャンルの曲を歌いこなすスタイルが注目され、2014年は数多くの音楽フェスへの出演や、メディアへの露出を果たすなど、飛躍の年となった。 ソニー・ミュージック・インディアなどが主催したオーディションによって2011年に結成。数百人の応募者の中から最終的に絞り込まれた6人がメンバーとなっている。学生やミュージシ ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#036:Suman Sridhar

Suman Sridharは、ムンバイ出身の歌手。インドの伝統音楽やジャズ、ブルース、キャバレーミュージックなど多様な要素を盛り込んだ楽曲を歌う。マラーティー語のラップや、タミル語のスラングを盛り込んだ楽曲まで歌いこなす。オルタナミュージックファンの中では、ポップデュオSridhar / Thayil(S /T)のボーカルとして有名。S /Tは、インドのRolling Stone誌の2014年の特集の中で、「過去25年間のインドロックベスト25」に選ばれている。 現在32歳のSridharは、14歳の時に ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#035:Hashback Hashish

Hashback Hashish名義で活動するAshish Sachanは、デリーを拠点にするミニマルテクノのDJ。その独特のサウンドが認められ、テキサス州オースティンで開かれる大規模イベント、サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)に過去2回(2013年、2015年)出演するなど、インド国外でも活躍する。 SMSXの主催者に対して、自分の楽曲を半分冗談のつもりで送ったところ、出演依頼を受けることができたという。「2013年に初めてプレイした時は、その場の雰囲気にただ圧倒されていたよ。出演の前日に現地入り ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インド音楽シーンでキャリアを築くには?重鎮Midival Punditzが語る秘訣

1997年に結成したデリー出身のエレクトロニックデュオMidival Punditzは、インディーミュージックシーンの中でも最古参の一人。生き残りが難しいといわれるこの業界インドの中で、18年もの間最前線を走り続けている。 シンセサイザーやドラムマシーンといった機材と共に、タブラやサーランギー、ドール、トゥンビ、サロード、サントゥールなどの様々な伝統楽器を組み合わせた楽曲を展開。まさにインドに生まれ伝統音楽を聴いて育った人間が、西洋のエレクトロニカをやったらこうなった、というような作品になっている。 小さ ...
Continue Reading »