アーティスト紹介

アーティストカタログ#019:The Ska Vengers

The Ska Vengersは2009年に結成したニューデリーのバンド。ソウルフルな歌声の女性ボーカルSamara Cや男性ラッパーのTaru Dalmiaをはじめとする7人組バンドで、スカをメインとしながらも、パンクやジャズ、ラップの要素も盛り込んだミクスチャーミュージックを展開している。 デリーのオルタナ音楽シーンの中では、おそらく知らない人はいないでしょというくらいの人気バンドですが、なんとサックスにはRie Ona、トロンボーンにはYohei Satoという日本人の方もいらっしゃいます。 Rad ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#018:Red Blood Cat

Red Blood Catはパキスタンの首都イスラマバードで活動するオルタナロックバンド。そう、インドじゃなくてパキスタンです。調べていくとインドの隣国パキスタンでも、良いアーティストが時たまひっかかるんですよね。南アジアくくりということで、これからもインド周辺国で良いアーティストがいれば紹介していきます。 2014年11月にリリースされたばかりの彼らの楽曲「When We’re Older」を聴いてみたけど、King Crimsonに影響されているようなプログレロックで、結構かっこいい。実際に彼らのイン ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#017:Pippin

Pippinはニューデリーを拠点とするエレクトロニカのプロデューサー。とはいえPippin自体は実在の人物ではなく、Jatin Puriというミュージシャンの頭の中に住む架空のアニメキャラという設定。 2013年にベンガルールで開かれたフェス「NH7 Weekender」でライブデビューを飾り、翌2014年にはデビューアルバム「1010」をリリースしている。まだ結構荒削りだけど(そんなこといったらインドのアーティストはほとんどそうですが)、光る格好よさは感じるので今後どんな風に化けるか楽しみ。 こちらはデ ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

日本人が聴いても格好いい!おすすめインド映画音楽10選【90年代】

日本人が聴いても格好いいインド映画音楽を紹介するということで、70年代編と80年代編に続いて、90年代編です。90年代といえば、シャー・ルク・カーンやサルマン・カーン、アイシュワリヤー・ラーイなど、現在のインド映画界を代表するセレブリティたちが、若手スターとして台頭してきた時代。今や貫禄ただよう彼らのあどけなさすらある姿を観ることができます。 というか「日本人が聴いても格好いい!」とうたってるこのシリーズだけど、インド音楽に耳が慣れ過ぎてきたせいで、果たして一般の日本の人にとって格好よく聞こえているものな ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#016:Tajdar Junaid

Tajdar Junaidはコルカタ出身のギタリスト・ソングライター。2013年にデビューアルバム「What Colour Is Your Raindrop」をリリースしたばかり。総勢18人のミュージシャンたちと作り上げたこのアルバムを特徴付けている点は、なんといってもウクレレのような音色がする南米の伝統楽器チャランゴを使っていること。その彼の音楽は、少し悲しげだがおとぎ話のような雰囲気が漂う。 音楽業界以外からも注目を集めているアーティストで、今年に入って立て続けに映画音楽を制作。イランを代表する映画監 ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#015:Until We Last

Until We Lastは、ベンガルール出身のポストロックバンド。もともとギターのKetan Bahiratが2011年に宅録で音楽を単独で作り始めたのは始まりだった。一人でのサウンド作りに飽き足らなくなった彼は、バンドを共にしてくれるメンバーを募り、数ヶ月後にはUntil We Lastとしての活動を始めた。 結成から3年後の2014年8月には、デビューアルバム「Earthgazing」をリリースした。彼らの楽曲は、すべてボーカルなしのインスト曲だが、インドのオルタナシーンでの人気と知名度は高いものが ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#014:Your Chin

Your Chinは、ムンバイを拠点とするオルタナロックバンドSky RabbitのフロントマンRaxit Tewariによるソロプロジェクト。ロック色の強いSky Rabbitよりも、もっとスマートなエレクトロポップという感じ。曲の雰囲気やボーカルはBeckとも少し似ている感じがします。 2012年にデビューアルバム(タイトルなし)、2014年にセカンドアルバム「Scatter Nature」を出している。 近頃のインドの音楽シーンは、ロックよりもエレクトロ色の強い楽曲のほうが人気が出るためか、バンドの ...
Continue Reading »
インド音楽トピックス

インド音楽旅行のススメ、今注目すべき野外フェス6つ

インド旅行といえば、どのような行き先を思い浮かべるだろう?まずは首都のデリーや、その周辺にある世界遺産のタージマハル、ガンジス川が流れる都バラナシなんかが代表的なとこだろう。もう少しだけ踏み込むなら砂漠の都市ジャイプールや、マザーテレサの足跡が残るコルカタを選ぶ人も多いかもしれない。 いずれの場所もインドの雰囲気を存分に味わえる素晴らしい場所だと思う。けれどもインドを知る上で重要な点は、どの場所を選ぶかだけではない。あまり語られることはないけれども、どのような立場でインドを訪問するかもとても大事だ。経済格 ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#013: SHAA’IR + FUNC

SHAA’IR + FUNC(S+F)は、ムンバイを拠点とする女性ボーカルのMonica Dograと男性ギタリストRandolph Correiaによるエレクトロデュオ。 Monicaは、2010年にトロント映画祭に出品されたインド映画「Dhobi Ghat」(インド映画だけどダンスなし!)に主役級で出演したほか、音楽番組のホストを務めるなど、グループ外でも活躍する多才な女性。Randolphは、インドのロックシーンを代表するバンドPENTAGRAMのギタリストだ。 そんな2人が2005年に結成したS+ ...
Continue Reading »
アーティスト紹介

アーティストカタログ#012: Big City Harmonics

Big City Harmonics(BCH)ことRohan Hastakは、ムンバイの隣町プネを拠点とするエレクトロニックミュージシャン。GQ誌は彼の音楽について、「MobyのアルバムPlayを彷彿とさせる」と評している。経歴についても、バンド活動を経てDJへとシフトしていったMobyと同じく、BCHも過去に「Kuru」という3ピースのオルタナロックバンドを組んでいた。 もともとエレクトロにはあまり関心がなかったそうだが、BonoboやFour Tetのようなダウンテンポなインテリジェント・ダンス・ミュ ...
Continue Reading »